シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプンチャクセマンガット、地デジ化に20億リンギ投資へ

経済

2014年6月5日

プンチャクセマンガット、地デジ化に20億リンギ投資へ

〈クアラルンプール〉
著名実業家のサイド・モクタル・アルブカリ−氏が率いる、プンチャク・セマンガットは、地上デジタルテレビ(DTT)プロジェクトに20億リンギ(約633億円)を投資する。
マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)が実施していた地上デジタルテレビ放送の入札で、プンチャク・セマンガットは4月、15年間のインフラ整備契約を受注した。
プンチャク・セマンガットは、2015年1月から4段階に分けてアナログからデジタル化を行う。来年4月までにデジタル放送のカバー率を85%に、2016年4月までに98%に拡大する計画だ。デジタル化を行うことで、テレビのチャンネル数は80に、ラジオが30に増える。
同社は投資額を内部資金で賄う。20億リンギのうち30%をセットトップ・ボックスに割り当てる。向こう7年で投資リターンを見込んでいる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプンチャクセマンガット、地デジ化に20億リンギ投資へ