シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPPNBが渋谷にハラル・ファストフード1号店

国際

2006年12月16日

PNBが渋谷にハラル・ファストフード1号店

【クアラルンプール】 企業家・協同組合開発省傘下のペルバダナン・ナショナル(PNS)は14日、子会社PNSフランチャイズ(PNSF)を通じて、東京都渋谷区代官山町に初のハラル・ファストフード店「マレーシアンキッチン」を開いたと発表した。
フランチャイズ方式で海外にハラル・ファストフード店を展開する「ジョムマレーシア」計画に基く事業で、開店コストは200万リンギ(日本円で約6,600万円)。経営には都内のマレーシア料理店のオーナー、ロスディ・アフマド氏の企業「N.U.R.ジャパン」が携わっている。
従業員は全員日本人で、マレーシア人の料理人による研修を受けた。メニューは26種類。
マレーシアの食とともに、観光地としてのマレーシアの魅力も売り込む。
ジョムマレーシアは2010年までに3,000店、15年までに5,000店の開設を目標としており、PNSはこのうち半数に関与したい意向にある。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPPNBが渋谷にハラル・ファストフード1号店