シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、途上国多国籍企業の海外資産2位に

国際

2006年10月18日

ペトロナス、途上国多国籍企業の海外資産2位に

【クアラルンプール】
国連貿易開発会議(UNCTAD)の「世界投資報告(WIR)」2006年版で、ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)が発展途上国の多国籍企業(非金融)海外資産額ランキングで2位となった。多国籍企業の海外資産額トップ100社のうち、途上国からのランクインは2004 年には5社だけだったが、今年は25社にまで増加した。
海外資産の規模が大きい途上国の多国籍企業は主に、石油やガス、鉱業といった一次産業や金属や鉄鋼といった資源ベースの製造業が多くを占めた。ペトロナスの他の主な企業は、▽SASOL(南ア)▽ ENAP(チリ)▽ペトロバス(ブラジル)▽ペトロレオス・デ・ベネスエラ(PDVSA)▽上海宝鋼集団(中国)▽中国石油天然気集団(CNPC、同)▽中国海洋石油(CNOOC、同)▽ポスコ(韓)▽PTTEP(タイ)▽ガスプロム(ロシア)▽ルクオイル(同)。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、途上国多国籍企業の海外資産2位に