シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP通年のGDP成長率予想、5.6%に上方修正=MIER

経済

2006年10月19日

通年のGDP成長率予想、5.6%に上方修正=MIER

【クアラルンプール】
民間シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は、通年の国内総生産(GDP)成長率予想を、5.2%から5.6%へ引き上げた。第2四半期(4~6月)の成長率が5.9%と高かったことを考慮したもので、モハメド・アリフ専務理事は17日の会見で、「米国、欧州連合(EU)、日本経済が予想以上に好調で、マレーシアの輸出を押し上げた。中国の成長もマレーシアを含む東南アジアの成長に貢献している」と述べた。
来年の成長率予想については、外需低迷や中国経済の減速が予想されるとの理由で、4.8%の当初予想を維持するとした。政府予想は今年が5.8%、来年が6.0%。
自動車産業の見通しについて、モハメド・アリフ専務理事は、「業界は新政策に適応するため再構築の最中にあり、事態が収集するまで少なくとも2~3年は要する」との見通しを示した。
昨年の外国からの直接投資(FDI)が前年と比べ減少し、インドネシアを下回ったことについて、「労働集約型投資の誘致でインドネシアと競う意図はマレーシアにない。わが国は買収・合併案件より、新規投資、技術・資本集約型投資に関心がある」と述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP通年のGDP成長率予想、5.6%に上方修正=MIER