シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP世界平和指数、マレーシアは19位にランクアップ

社会

2011年6月20日

世界平和指数、マレーシアは19位にランクアップ

〈クアラルンプール〉

英国のシンクタンク、経済平和研究所(IEP)が調査を実施した「2011年世界平和指数(GPI)」で、マレーシアは世界153ヵ国・地域中で19位にランクされた。昨年調査では149ヵ国・地域中で22位だった。

マレーシアは今年で5年連続の指数改善となり、アジアではシンガポールを抜いて世界3位だった日本に次いで2位。シンガポールは世界24位、インドネシアは68位、タイは107位だった。世界トップはアイスランドで、2位はニュージーランドだった。

IEPによると、マレーシアは政治的安定とシンガポールや中国など隣国との関係改善が指数改善に反映された。

同指数は、国内の対立による死者、政治的不安定、テロの可能性、軍事能力、暴力犯罪、報道の自由など23の平和に関する指標に基づいて算出した。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP世界平和指数、マレーシアは19位にランクアップ