シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不法滞在外国人の収容所で暴動、100人余りが脱走

社会

2011年4月8日

不法滞在外国人の収容所で暴動、100人余りが脱走

〈クアラルンプール〉

ネグリ・センビラン州レンゲンにある不法入国者収容所で4月4日夜、暴動が起き、施設の一部が放火される騒ぎがあった。109人の不法滞在外国人が収容所を抜け出したが、25人は後にオイルパーム農園、ジャングル、付近の村で発見され拘束された。

ネグリ・センビラン州警察のアブドル・マナン副署長によると、暴動を起こした外国人はミャンマー、バングラデシュ、ネパール、ベトナム、イラン出身。収容所で出される食事に対する不満の声を挙げ、抗議行動を始め、放火したという。フェンスを破り逃げたという。

収容所の収容可能人数は750人だが、925人が収容されていた。近くクアラルンプール新国際空港(KLIA)の収容所に移される予定の外国人もいたという。3ヵ月~1年近く収容されていたものが多いという。

警察はレラ(自警団)と協力して付近に潜んでいると見られる脱走者を捕まえる方針だ。内務省も今回の暴動、脱走事件について調査を行うと発表している。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不法滞在外国人の収容所で暴動、100人余りが脱走