シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP交通違反ブラックリスト免除期限、1,730万件が未払い

社会

2011年3月3日

交通違反ブラックリスト免除期限、1,730万件が未払い

〈クアラルンプール〉

2月28 日は2000年以降の交通違反の反則金支払いにおいて割引を受けられる6カ月間の期限の最終日だったが、期限を過ぎても1,730万件の罰金が支払われずにいるという。

期限を過ぎても反則金を支払わない場合はブラックリストに入れられ、運転免許の更新が不可能となるほか、道路税の更新もできなくなるという。ブラックリストからの削除には罰金を全額支払う必要がある。なお反則金の半額措置は、3月10日まで実施を延長する。

3月1日以降の交通違反に対する罰金の支払いは新たな支払いシステムの対象となる。支払いが遅れれば遅れるほど反則金の金額が増える仕組みだ。また、交通違反を2カ月間で4回以上繰り返した場合は倍の反則金が課される。

連邦交通警察のアブドル・アジズ・ユソフ署長によると、2000年以降の交通違反の65%にあたる3,190万件に対する反則金が割引期限までに支払われたという。割引終了期限直前には全国の郵便局や警察に設けられた支払い窓口にドライバーが殺到し、1週間で150万件の支払いが行われた。オンラインの支払いシステムにもアクセスが殺到した。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP交通違反ブラックリスト免除期限、1,730万件が未払い