シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP大学の入学時期変更、段階的に実施 今年はラマダン月を考慮

政治

2011年1月6日

大学の入学時期変更、段階的に実施 今年はラマダン月を考慮

〈プトラジャヤ〉

モハメド・カレド・ノルディン高等教育相は今年の大学の入学時期が従来の7月から9月に変更されたことについて、ラマダン(イスラムの断食月)およびハリラヤ(断食月明け大祭)の時期を考慮して決めたと説明した。今年のラマダンは7月31日または8月1日に始まり、1ヵ月後にハリラヤとなる。

同相は、ラマダンの期間中に、一日中アクティビティがある入学オリエンテーションを行うことは学生の負担を考慮すれば困難であることから、全国の大学の学長と協議を行ったうえで入学時期を9月に変更することを決定したとコメント。従来通り7月に入学とすれば、1ヵ月の新学期の後にハリラヤのために故郷に帰省するための出費が必要となるため9月入学とすることで学生は余計な帰省費用を出す必要がなくなると説明した。

また、マレーシアの大学の国際化を踏まえ、単位交換や留学などを容易に行うことができるようにすることも目的だとした。北半球の多くの大学の入学時期は9月となっている。

入学時期の変更は段階的に行われる予定。2011~2012年度の新入生以外の登録は、大学によって従来の7月からの登録、または8月からの登録を受け付けることになる。2012~2013年度は8月13日から新入生の登録を開始し、新入生以外の登録は8月20日に開始する。2013~2014年度は新入生は9月2日、新入生以外は9月9日から登録を開始することができる。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP大学の入学時期変更、段階的に実施 今年はラマダン月を考慮