シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP8月の工業生産高は4.2%増、電子が4ヵ月ぶりに回復

経済

2014年9月29日

8月の工業生産高は4.2%増、電子が4ヵ月ぶりに回復

経済開発庁(EDB)が発表した8月の工業生産高は前年同月比4.2%の増加で、電子部門の生産が4ヵ月連続の減少から増加に転じた。製薬などバイオ医学部門の増加と相まって、輸送エンジニアリング部門の減少を補った。
電子部門の生産は7.2%の増加で、コンピューター部品の生産が42%の大幅増だった。これは昨年の生産が極めて少なかったというテクニカルな要因によるところが大きい。データストレージはディスクメディアに対する域内需要で19%増加した。電子部門の1~8月の生産高は前年同期比2.2%の増加になった。
バイオ医学部門の8月の生産は9.7%増で、医療機器生産が21%増加した。薬品生産も7.5%増加した。
輸送エンジニアリング部門は0.8%の減少だった。リグ建造など海事・オフショア業の生産は増加したが、商業飛行機の修理需要の低下で航空宇宙業の生産は20%減少した。
化学部門は2.3%、精密工学部門の生産は1.9%、それぞれ増加した。
大華銀行(UOB)のエコノミスト、タン氏は「特定の企業が一部業務を海外に移転したことが主因の電子部門の低迷はこの先数カ月は続くため、通年の増加率も低めが見込まれる」とした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP8月の工業生産高は4.2%増、電子が4ヵ月ぶりに回復