シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP顧客満足度指数、昨年は改善

経済

2013年3月20日

顧客満足度指数、昨年は改善

産業部門のサービスに対する顧客の満足度が昨年は改善したことが、シンガポール経営大学(SMU)サービス・エクセレンス研究所の調査で分かった。
満足度指数は前年比1.3%アップの69.9で、同研究所が調査を2007年に開始して以来の最高。ヘルスケア、金融・保険、情報通信部門で指数が上がった。
顕著な改善が見られたのはアレクサンドラ病院で、ヘルスケア部門で前年は最下位だったが、今回はトップに躍り出た。公営病院全体でも満足度が上がった。事務管理担当の職員の仕事の質が上がったのが奏功したようだ。
観光、輸送・物流など残りの部門は指数が下落した。同研究所は居住者3万3,000人と、シンガポールを出発する観光客6,000人の意見を聞いた。
金融・保険ではグレート・イースタンの指数が大幅改善し、生命保険、医療保険で最高の評価を得た。
銀行では、スタンダード・チャータード、シティバンク、HSBCの外資系3行の満足度が地場行を上回るという、前年と逆の結果になった。最も指数が改善したのはスタンダード銀の11.8%。銀行で最高の指数はシティバンクの74.5。
観光部門の指数が下がったのは、ホテル、アトラクションが顧客の期待以下だったためだ。
輸送・物流では、公共輸送機関に対する満足度が前年より低下した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP顧客満足度指数、昨年は改善