シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「金融センターとしての信頼が鍵」、リー元首相

政治

2013年3月21日

「金融センターとしての信頼が鍵」、リー元首相

リー・クアンユー元首相は3月20日、英スタンダード・チャータード銀行主催のフォーラムで、シンガポールが金融センターとして成功を続けてきたのは、シンガポールに対する信頼があったから、との認識を示した。
金融センターとしてのシンガポールの地位が揺らぐことは20年後もなく、長期的には中国が資本市場を開放すれば、上海がシンガポールのライバルになり得るという。
フォーラムには米連邦準備制度理事会(FRB)のボルカー元議長も招かれ「シンガポールは数回、経済改革を行ったが極めてスムーズだった。しかしこうした奇跡が続くのか、いぶかしんだ」と語った。
リー氏は「富裕層がシンガポールの制度に引き続き信頼を置くかに左右される。われわれはその信頼をぐらつかせるようなことはしない」と応じた。
人口問題についてリー氏は、シンガポールは優秀な外国人のみ受け入れる「品質管理」を行っているとした上で「経済を活発にするには若者が必要だ。若者は最新の機器など商品を買い、高級レストランで食事もする。そうした若者がいなくなり、日本のように移民を拒否すれば、無価値な存在になり果てるだけ」と語った。
中国については、太平洋の西側地域での支配的地位の確保をめぐり、米国と張り合うとの見解を示した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「金融センターとしての信頼が鍵」、リー元首相