シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP私立学校SIMへの入学者が増加

社会

2013年3月25日

私立学校SIMへの入学者が増加

シンガポール最大の私立学校Singapore Institute of Management Global Education (SIM GE)への入学者が増加している。2010年は1万9,500名だったが、2012年は2万3,000名となった。そのうち2万500名がシンガポール国民で1万6,000名は全日制で学位取得をめざしている。多くはポリテクニックの卒業生という。また、海外からの留学生も増加しており、2,500名が学ぶ。
SIM GEは英国ロンドン大学や豪州RMIT、米国ニューヨーク州のバッファロー大学など海外の教育機関との提携による50以上のプログラムを提供している。
シンガポール人学生の大部分が在籍するのはロンドン大学の3年制の優等学位(honours degree)コースで学費は平均2万5,000Sドル(約189万円)。シンガポール国立大学(NUS)3年制コースと同等だ。
SIMは教育の質を保つために、学生数をこれ以上は増やさず、現状程度にとどめるという。
シンガポール政府は2015年までにシンガポールの公立大学における留学生の入学許可数を15%程度にとどめることにしている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP私立学校SIMへの入学者が増加