シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPワイヤレス@SGの通信速度、2メガに

IT

2013年3月11日

ワイヤレス@SGの通信速度、2メガに

無料のWiFiサービス「ワイヤレス@SG」の通信速度が4月から、従来の2倍の最大2メガビットになる。ヤーコブ・イブラヒム通信情報相が8日の国会審議で明らかにした。WiFiは無線の高速LAN(構内通信網)サービス。
サービスを提供する業者も増加する。現在は通信最大手のシングテル、モバイル・ワン(M1)およびアイセル・ネットワークが提供しているが、今後はシングテルとM1に、スターハブとY5ゾーンが加わる。アイセルは提供契約の更新を申請したが、まだ認可を得ていない。
スターハブは来年4月からサービスを開始する。より高速のサービスも有料で提供する。シングテルは既に3メガのサービスを月10.59Sドルで提供している。
ワイヤレス@SGでは来年4月からログインも簡単になる。現在はログイン情報を何度も入力する必要があるが、新システムでは携帯電話に挿入されているSIM(加入者識別モジュール)カードの個人情報を認識するためだ。
ワイヤレス@SGの利用登録者は226万人で、利用時間は月31時間(昨年12月調査に基づく)。サービスが利用できるホットスポットは7,500ヵ 所ある。
ヤーコブ氏は、会社業務の社外処理など情報技術(IT)活用計画の進展状況も明らかにした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPワイヤレス@SGの通信速度、2メガに