シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「沖縄の新しいおいしさ」を発信する 沖縄じゃNIGHT!開催

イベント

2013年3月1日

「沖縄の新しいおいしさ」を発信する 沖縄じゃNIGHT!開催

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.372月27日、「沖縄の新しいおいしさ」を発信するイベント「沖縄じゃNIGHT!」が、ワン・フラトンにあり「Singapore’s Top Restaurant 2012」に表彰された実績を持つイタリアンレストラン「FORLINO」-DINING ON THE BAY-で開催された。
100人を超えるゲストは、沖縄料理のイメージが強い沖縄食材を、イタリアンに調理したユニークなコラボレーションから生まれた料理に舌鼓。沖縄が誇るオリオンビールや、泡盛を飲みやすく、彩りもあざやかにアレンジしたカクテルといっしょに、シンガポールにいながらにして沖縄の夜を満喫した。
スクリーンショット 2015-12-07 19.04.33沖縄じゃNIGHT!」の主催者である沖縄県物産公社の識名エルナン誠次氏は、このイベント開催の理由を次のように語る。「シンガポールでは、以前から日系百貨店などで開催される沖縄物産展などを通じて、沖縄の食材を知っていただいておりました。今回は、沖縄食材のさらなる広がりと新しい可能性をシンガポールにて発信するため、ユニークなスタイルで沖縄の食品を紹介しようということで、チャレンジしました。健康と長寿で知られる沖縄の食材を、情報発信地であるシンガポールより東南アジアに広げていきたいと考えています。ですから、まずはシンガポールで沖縄の食品の人気をさらに高め、浸透させて行きたいと思っています」。

 

 

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.29FORLINO-DINING ON THE BAY-の鳥居健太郎シェフにとって沖縄食材を使ったイタリア料理は初めての試みだったという。「沖縄の食材を使ってイタリアンをつくったのは今回が初めてです。特に印象に残ったのは『豆腐よう』。クリーミーでコクがありおもしろいと思いました。今回はチーズのように使い、イタリアントマトとあわせてブルスケッタにしました」。

 

 

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.24今回のイベントは沖縄からオリオンビール、比嘉酒造、新里酒造、南風堂が協賛した。各社にシンガポール市場へ期待についてうかがった。

 
スクリーンショット 2015-12-07 19.04.20オリオンビール・大城俊男氏(写真左から2人目)「シンガポールで生ビール『オリオン樽生』の販売に力を入れて行きます。シンガポールでは昨年末から『オリオン樽生』を沖縄料理店で扱っています。ビールメーカーとしては、やはり皆さんに生ビールを飲んでいただきたい。沖縄もシンガポールも亜熱帯地域なので、オリオンビールはこちらの気候にも合い、すっきり軽快な味わいなので、何杯でも飲めるのが特長です。もちろん、沖縄で製造しているので安心して飲んでいただけます」。

 

 

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.16

比嘉酒造・新垣有三氏(写真左)「今回こちらに持ってきた当社の『花島唄』は日本酒の吟醸酵母を使った泡盛。シンガポールの方はすでに日本酒には馴染みがあると思うので、この泡盛は抵抗なく親しんでいただけると思います。そのほか、冷やしてすぐに飲めるボトル入りの泡盛サイダー割ドリンク『海人』もおすすめです」。

 

 

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.11
南風堂 ・淵辺直樹氏(写真右端)「当社は沖縄でおみやげとしても有名な菓子「ちんすこう」の製造や民芸品、かりゆしウェアの販売を手がけています。『ちんすこう』を知っているシンガポールの方もいて、友達にすすめていただきました。沖縄への旅行者がもっと増えることを期待します。そしてシンガポールの方が沖縄に来たときに買ってもらえるような商品を開発したいと思います」。

 

スクリーンショット 2015-12-07 19.04.07
新里酒造・新里建二氏(写真左)「当社は創業1846年の沖縄で最も古い泡盛の蔵元です。泡盛はシンガポールの方にとっては未知のお酒かもしれません。ぜひ沖縄が世界に誇る泡盛、まろやかな味わいとバラエティに富んだ泡盛を知ってほしいですね」。
今回のイベントの企画・運営を担当した「LINK & SUPPORT Consulting Services 」海外販路拡大アドバイザーの大塚嘉一氏は、シンガポールにおける沖縄県産品のイメージアップに期待を寄せる。
「沖縄県では、近年シンガポールのマーケット開発に大変力を入れられております。大々的な観光誘致キャンペーンも行われており、『食』と『観光誘致』は密接なかかわりがあると思いますので、相乗効果でますます沖縄の認知度・人気度が高まればと思います。今回は良い意味でちょっと特別感のある沖縄食材や泡盛を、女性やローカルの方に親しみやすく受け入れていただくよう、企画をしました」。
オリオン生ビール、泡盛に関するお問い合わせは Whistler Wine & Spirits Pte Ltd E-mail: whistler@singnet.com.sg、沖縄県産品に関するお問い合わせは kaiji@washita.co.jp まで。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「沖縄の新しいおいしさ」を発信する 沖縄じゃNIGHT!開催