シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPネピドーのパークロイヤル・ホテル、営業を開始

経済

2014年4月3日

ネピドーのパークロイヤル・ホテル、営業を開始

ホテル・不動産のパン・パシフィック・ホテルズ・グループは、ミャンマーの首都ネピドーに建設したホテル「パークロイヤル・ネピドー」の営業を開始した。90室での開業、年内に180室にする。
パン・パシフィックは前の首都で最大の商業都市、ヤンゴンでパークロイヤル・ヤンゴン(331室)を経営しており、ミャンマーのホテルは2軒目。
ミャンマーでは前の軍事政権時代、ホテル建設はほとんど行われず、2011年の文民政権への移行、テイン・セイン政権による改革、市場開放の推進を受け、外国人入国者が急増し、ホテル客室の不足が発生している。
ミャンマーのホテル・観光省は2020年の外国人入国者数を、昨年の7倍の750万人と見積もっている。
ほかのホテル計画では、シンガポール上場のヨマ・ストラテジック・ホールディングスがホンコン・シャンハイ・ホテルズと提携し、ヤンゴンにある旧英ビルマ鉄道の本社ビルを高級ホテルに再開発する。
ヤンゴン管区に隣接するバゴーではハンタワディー新国際空港の建設が計画されており、チャンギ・エアポート・グループ(CAG)が中核の企業連合が入札の予備審査を通過している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPネピドーのパークロイヤル・ホテル、営業を開始