シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカレー粉目潰し強盗出現、30万リンギ奪う

社会

2014年3月10日

カレー粉目潰し強盗出現、30万リンギ奪う

〈ジョホールバル〉
ジョホールバル市のラーキン・バスターミナルで2月28日、カ レー粉で目潰しをくわせる手口の強盗事件が発生した。その後の警察の捜査で2人の容疑者が逮捕されたが、残る2人が逃走を続けている。

被害に遭ったのは両替店の店員と警備員。午後5時ごろ、銀行で現金をおろして店に 向かう途中で、4人の覆面をした強盗グループに襲われた。

4人組は車で接近し、カレー粉を撒き散らして目潰しをくわせた上でパラン(マレー 伝統の大型ナイフ)で切りつけてきた。4人組は 30万リンギ(約921万円)の入った袋を奪って、車で逃げたという。店員と警備員は軽いケガを負った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカレー粉目潰し強盗出現、30万リンギ奪う