シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP三菱モーターズ(M)、現地生産版の「ASX」を発表

日系企業

2014年2月17日

三菱モーターズ(M)、現地生産版の「ASX」を発表

〈クアラルンプール〉
三菱モーターズ・マレーシアは2月12日、マレーシアで現地組立したコンパクトスポーツ多目的車(SUV)「ASX」(日本名・RVR)を発表した。

今年1月に「ASX」のラインオフ式典が行われていた。「ASX」は、マレーシアにおける車両組立て委託先であるタンチョン・モーター・アセンブリーズで生産された。初期の年産台数は5,000台が見込まれている。

価格は保険なしで2WDが11万4,743.50リンギ(約351万円)から、4WDが12万8,879.50リンギ(約394万円)からとなっている。5年間の保証が付く。

三菱モーターズの2005年以降の販売台数は、累計で7万台となっている。マレーシアでは「ミラージュ」、「ランサー」、「ASX」、「トライトン」、「パジェロ・スポーツ」、「パジェロ・エクシード」、「i-MIEV」、「アトラージュ」が販売されている。

三菱自動車は、2013年11月に公表した2016年度までの中期経営計画「ニューステージ2016」において、「東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の生産体制強化」を掲げている。マレーシアにおける「ASX」の現地生産および販売はその一環をなすとしている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP三菱モーターズ(M)、現地生産版の「ASX」を発表