シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国正月は冷涼な気候、気象局が予想

社会

2014年1月28日

中国正月は冷涼な気候、気象局が予想

〈クアラルンプール〉
寒冷な北東風の影響で全国的に気温が低下しており、気象局によると向こう数週間は冷涼な気候が予想され、1月末の中国正月は肌寒くなる見通しだ。

セランゴール州スバンジャヤやペタリンジャヤ、サバ州コタキナバル、サンダカン、クランタン州コタバル、パハン州クアンタンなどの地域では25度以下の気温となり、高原地域であるキャメロン・ハイランドやゲンティン・ハイランドと同じような気候となるという。

1月23日、クランタン州クアラクライでは17.2度の最低気温を記録した。1月初旬のクアンタンでの最低気温は21度、コタキナバルでは22.1度、ペタリンジャヤでは23.6度と比較的冷涼な気候となっている。

太陽活動の低下がその理由。中国大陸から冷たい風が吹き込んでおり、マレーシアでは雲の少ない天候が続いているため早朝や夜間の気温が下がっているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国正月は冷涼な気候、気象局が予想