シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の工業生産は12%増加、電子に改善の兆し

経済

2012年3月27日

2月の工業生産は12%増加、電子に改善の兆し

経済開発庁(EDB)が3月26日に発表した2月の製造業生産高は、前年同月比で12.1%増と1月(同8.8%減)から好転した。変動が激しいバイオ医学部門を除いた生産高は7.1%の増加だった。

前月比(季節調整済み)では2月の生産高は1.1%の減少だった。バイオ医学を除くと0.1%の減少になる。

部門別の前年同月比の実績は、バイオ医学が38.3%の増加。うち薬剤生産は37.7%、医療機器生産は41.6%、それぞれ増加した。

生産が顕著に増加したのは輸送エンジニアリングで32.4%の増加だった。うち油田掘削用リグなど海洋・オフショアエンジニアリングの生産が41.7%増加。航空機保守など航空宇宙は22.2%増加した。

精密エンジニアリングは19%増加した。前年は2月に中国正月があり(今年は1月)、これも比較数値に影響した。化学部門の生産高は2.9%減少した。

電子部門の生産は6%減少した。半導体が21.2%減少した。しかしデータストレージはタイの洪水による品不足で需要が急増し、78.7%の生産増を記録した。

バークレイズ・キャピタルによると、世界の半導体チップメーカーが設備投資に乗り出す兆しが見え、電子部門は4~6月期に改善する可能性があるという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の工業生産は12%増加、電子に改善の兆し