シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPキリンの小林常務、F&Nの取締役に

日系企業

2010年12月15日

キリンの小林常務、F&Nの取締役に

飲料、不動産などを手掛けるフレーザー・アンド・ニーブ(F&N)の主要株主になったキリンホールディングスは、小林弘武常務取締役を12月13日付で役員としてF&Nに送り込んだ。小林氏は非執行の取締役として経営に関与する。

F&Nは声明で、「食品、飲料分野での小林氏の幅広い経験はわが社にプラス。特に乳製品、清涼飲料の領域での貢献を期待している」と表明した。

小林氏の派遣で両社の業務協力が推進される見通しだ。F&Nによると、双方の企業価値を高めるため、キリンはF&Nとの緊密な協力を希望している。

キリンホールディングスはF&N発行済み株式の14.7%を、政府系投資会社のテマセク・ホールディングスから7月に13億4,000万Sドル(約860億円)で取得。2位株主になった。

小林常務は東京在住。キリンでは、経理部長、戦略企画部長などを経て22年に常務取締役。総務、経理、人事などグループ共通の業務を担う機能分担会社、キリンビジネスエキスパートの社長でもある。キリンが昨年買収したフィリピンのサンミゲル・ブルワリーの取締役を務めたことがある。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPキリンの小林常務、F&Nの取締役に