シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP民主化指数、シンガポールは82位に上昇

経済

2010年12月15日

民主化指数、シンガポールは82位に上昇

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた、国家の民主化の状態を示す民主政体指数で、シンガポールは82位と2008年と比べ9つ、順位を上げた。167カ国中、1位はノルウェー、最下位は北朝鮮。「独裁政体」の中国は136位だった。

シンガポールとよく比較される香港は80位。アジアで「完全な民主政体」のグループに入ったのは韓国(20位)と日本(22位)のみ。EIUは英誌エコノミストの調査部門で、06年から統計をまとめている。

シンガポールは、バングラデシュ、カンボジア、ブータン、パキスタン、ネパールと同様、「混成政体」のグループ。政治文化と政府機能では10点満点中7.5点と高評価だったが、政治参加の項目は2.78という低評価だった。

世界全体では世界的不況が政治状況にマイナスの影響を与えており、統治、政治参加、報道の自由で悪化が見られた。

「完全な民主政体」のグループに含まれたのは26カ国で、米国は17位、英国は19位。米国ではテロとの戦いが原因で市民の自由で劣化が見られた。政府機能でも問題がある。

「欠点のある民主政体」のグループでは、インドネシアが60位、マレーシアが71位へ大幅に躍進した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP民主化指数、シンガポールは82位に上昇