シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPパターソン道路の横断歩道、小売業者が復活要請

経済

2010年12月14日

パターソン道路の横断歩道、小売業者が復活要請

繁華街オーチャードの小売業者が、オーチャード・ロードと交差する地点でのパターソン・ロードの横断歩道の復活を当局に要請している。この、オーチャードMRT(地下鉄・高架鉄道)駅に隣接するアイオン・オーチャードとウィーロック・プレース前の横断歩道が廃止されたのが昨年9月。安全上の懸念が理由だが、歩道に代わる便利な横断手段がないため客足が遠のき、商売に大きな影響が出ているという。

陸運庁(LTA)によると、同横断歩道は多数の歩行者が利用していたため、信号が赤に変わっても横断をやめない歩行者が多く、オーチャード・ロード、スコッツ・ロード、パターソン・ロードで交通混雑が発生する原因となっていたという。

歩道の復活を求めているのは、アイオン・オーチャード向かい側のフォーラム・ザ・ショッピング・モール、ファー・イースト・ショッピング・センター、リアット・タワーズ、パレ・ルネッサンスなど。

地下道はあるが、エレベーターはウィーロック・プレース側にしかなく、しかも出口が地下2階の駐車場で不便だ。

商店関係者に相談せず当局が一方的に歩道廃止を決めたことも、小売業者には不満だ。LTAは、歩道廃止で車両の流れが大幅に改善された効果を強調している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPパターソン道路の横断歩道、小売業者が復活要請