シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールへのシンガ高速交通システム乗り入れ、両国が出入国手続き...

建設

2010年12月6日

ジョホールへのシンガ高速交通システム乗り入れ、両国が出入国手続き簡便化へ

2018年までにシンガポールの高速交通システム(RTS)をジョホール州ジョホールバルのタンジョン・プテリまで伸ばす計画について、マレーシアとシンガポール両国は出入国手続きを1回で済ませることができるようにすることで一致した。

両国による第7回合同閣僚級委員会(JMC)が12月1日、声明で明らかにしたもので、出入国手続きを1回で済ませるため両国は、相手国の施設を同居させた税関、出入国管理局、検疫(CIQ)の3機能を合わせた新合同庁舎を双方の領土内に新たに建設することで合意した。

RTSの乗り入れは、マレーシアのナジブ・ラザク首相とシンガポールのリー・シェンロン首相が5月の首脳会談で合意したもの。両国間の通勤効率を高めるのが狙い。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールへのシンガ高速交通システム乗り入れ、両国が出入国手続き...