シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1月の輸出、前年同月比0.4%の微増 前月比9.3%減に

貿易

2012年3月9日

1月の輸出、前年同月比0.4%の微増 前月比9.3%減に

マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2012年1月の輸出高は550億7,000万リンギ(約1兆4,708億円)で、前年同月比で0.4%増、前月比では9.3%のマイナスとなった。

輸入高は463億2,000万リンギ(約1兆2,370億円)で、前年同月比で3.3%増、前月比では11.6%減となった。貿易高は1,013億9,000万リンギ(約2兆7,080億円)で、前年同期比で1.7%増、前月比では10.4%のマイナスとなった。貿易収支は87億5,000万リンギ(約2,337億円)の黒字で、前年同期比で12.4%のマイナスとなった。

1月の輸出先を国・地域別で見ると、日本がトップとなり、2~5位はシンガポール、中国、米国、タイの順。日本への輸出額は78億リンギ(約2,083億円)で、前年同月比26.6%の増加となった。液化天然ガス(LNG)と精油製品、原油、光学機械の増加が寄与した。2位だったシンガポールQWF向け輸出は前年同月比で7.3%の減少、3位の中国は12.2%のマイナスで、4位の米国は1.0%増加した。品目別では、電気・電子が171億2,000万リンギ(約4,573億円)でトップ。それにLNG、パーム油が続いた。

1月の輸入は、中国が71億4,000万リンギ(約1,907億円) でトップとなった。シンガポールが59億3,000万リンギ(約1,584億円)となり、日本は46億1,000万リンギ(約1,231億円)でこれに次いだ。4位以下は、米国、インドネシア、タイ、ドイツの順。品目別では、中間材が295億6,000万リンギ(約7,895億円)でトップ。これに資本材、消費材が続いた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1月の輸出、前年同月比0.4%の微増 前月比9.3%減に