シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP10月の物価上昇率、前年比3.5%

経済

2010年11月25日

10月の物価上昇率、前年比3.5%

統計局の発表によると、10月の消費者物価指数(CPI、2009年=100)は104.1で、前年同月より3.5%上昇した。9月の上昇率(3.7%)を下回ったが、一時的な落ち着きと見られており、年末にかけ高い上昇率が予想されている。

値上がりが顕著だった項目は運輸費指数で9.5%上昇。住居費は3.5%、教育・文房具費は3.6%、医療費は2.6%、レクリエーション・その他は2.4%、それぞれ上昇。下落したのは通信費のみで2.1%。

物価の先行きについてイスワラン上級国務相(通産担当)は22日の国会答弁で、農産物主要生産国における天候不順で不作が予想されているため輸入食品価格が上昇すると警告。CPIは年末にかけ4.0%になるとの予想を示した。

DBS銀行エコノミストは「活況を続ける不動産市場、労働市場ひっ迫による賃上げ圧力、外国人労働者雇用税の引き上げでインフレ圧力は高まっている」と指摘した。

CPIは前月比では0.5%上昇した。通信費以外の項目はすべて上昇。衣類・履物費が1.5%上昇した。

食品は0.2%の上昇にとどまったが、クリスマス、正月など祝祭シーズン到来で、上昇の加速が予想される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP10月の物価上昇率、前年比3.5%