シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデング熱患者数、今年は高水準

社会

2010年11月6日

デング熱患者数、今年は高水準

今年はデング熱患者発生件数が週105件と、高水準で推移しており、今後もこの水準が続く見通しだ。

国家環境庁(NEA)によると、10月は182件という高い発生率の週があった。このため建設現場や家庭での水溜り調査を強化。建設現場では348ヵ所のうち52ヵ所で蚊の繁殖を確認した。

1~9月に発見された蚊の繁殖場所は前年同期比13%増の1万9,000カ所で、うち家庭が同44%増の2,700ヵ所。新規患者数は4,364人で16%の増加だ。

建設現場で患者数が多かったのは、ケーンヒル・ロード(68件)、ズビル・サイド・ロード(14件)、パシ・リス・グローブ(49件)。蚊の繁殖が確認された場合の罰金は2,000~5万Sドル(約12万6,000~3,15万円)で、工事停止命令が出されることもある。

建設現場では、水がたまる容器の撤去や、撤去が難しい水の場合は油で被覆することが求められる。だらしのない作業慣行が最近の特徴だ。しかし建設業者は、雨が多い時は繁殖場所の抑制は困難と釈明している。

今年、蚊の繁殖で幾度も摘発された建設会社は、エバン・リム・アンド・カンパニー、チャイナ・コンストラクション、ケイ・リム・コンストラクション・アンド・トレーディングの3社。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデング熱患者数、今年は高水準