シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカタリスト上場のFM、スポンサーなく上場廃止へ

金融

2010年8月2日

カタリスト上場のFM、スポンサーなく上場廃止へ

シンガポール取引所(SGX)の新興企業向け市場、カタリストに上場している香港系FMホールディングスの上場廃止が確定した。不正会計疑惑から、プライムパートナーズ・コーポレート・ファイナンスがFMのスポンサーを降りると表明し、期限内に後継のスポンサーを見付けられなかったためで、SGXから上場廃止を命じられた初のカタリスト上場企業となった。
 
FMは贈答品用陶磁器メーカーで、2005年に上場した。スポンサーはSGXに代わり上場審査に当たり、上場後の規則順守を確保する業者で、企業はスポンサーを失った場合、3ヵ月以内に新たなスポンサーを探さなければならない。
 
プライムパートナーズは1月、4月18日をもってスポンサーを降りるとFMに通告。FMはスタンフォード・ローにスポンサーを依頼したが、経営が標準以下との理由で断られた。
 
プライムパートナーズは契約打ち切りの理由として、不十分な情報開示を挙げた。この翌日、同様の理由でFMの社外取締役2人が辞任した。
 
FMでは6.2%株式の移転がコー・クイワイ会長により行われたが、譲受人が誰であるかFMは明らかにしなかった。決算書にキャッシュフロー計算書が含まれていなかった問題もあった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカタリスト上場のFM、スポンサーなく上場廃止へ