シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の国産品輸出、8%増に減速

貿易

2011年3月22日

2月の国産品輸出、8%増に減速

2月の国産品輸出(NODX=石油輸出・再輸出を除いた輸出)は前年同期7.8%の増加で、21%増だった1月より減速した。電子機器輸出が13%減少したのが影響した。電子機器以外の輸出は20%増で、石油化学品、船舶、特殊機械の輸出増がけん引した。
2月のNODXは前月比では2.9%増と、増加を維持した。1月の増加率は2.1%。
工業品製造に利用される中間財の輸入は前月比12%減の48億1,400万Sドルだった。 総貿易は前年同期比6.4%の増加で、輸出が10%、輸入が2.1%、それぞれ増加した。
NODXで電子機器輸出が前年同期比13%減少したのは、Sドル高と電子メーカーの在庫過剰が原因と考えられる。
一方、電子機器以外の輸出は、1月の30%増を下回ったものの、20%増と2桁増を維持した。
市場別NODXでは、欧州連合(EU)、米国、中国、日本、マレーシア向けが増加した。NODX増に特に貢献したのは、EU、米国、中国。
対EUのNODXは前年同期比14%の増加で、ダイオード、トランジスターなど電子機器輸出が16%増加した。対中も14%増で、電子機器輸出は減少したが、特殊機械など電子機器以外の輸出が増加した。対米NODXは20%、対日は6.2%、それぞれ増加した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP2月の国産品輸出、8%増に減速