シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第1四半期サービス業生産、8.8%増加

金融

2010年5月31日

第1四半期サービス業生産、8.8%増加

統計局によると第1四半期(1~3月)のサービス業生産高(卸売り・小売り、ホテル・レストランを含まず)は前年同期比8.8%増加した。金融・保険サービス、教育、情報通信部門が好調だった。

経済全般の動きと一致しているが、比較となる前年同期の生産が金融危機で低迷したという技術的要因もある。実際、生産高は前期比では0.1%の増加にとどまった。

部門別生産高を前年同期比と前期比で見ると、金融・保険サービスは前年同期比では17%増加したものの、前期比では1.1%減少。法務・会計・経営コンサルティングサービスで構成するビジネスサービスはそれぞれ、5.8%増、1.5%減だった。

教育サービスはそれぞれ、15.4%増、24.3%増、通信は11.5%増、2.3%増と、前年同期比、前期比とも増加だった。

ビジネスサービスの生産高が前期をやや下回ったことについてエコノミストは「必ずしも低迷を意味しない。前期で既に生産が増加している」と説明した。
それでもサービス業生産高の増加率は製造業ほどではなかった。同エコノミストは「サービスは内需志向が強く、また教育や情報通信は必需品に近いため急激な増減はない」と述べた。第1四半期の製造業生産高は前年同期比32.9%増だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第1四半期サービス業生産、8.8%増加