シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「来年の経済成長は5.5%」、民間エコノミスト

金融

2009年12月11日

「来年の経済成長は5.5%」、民間エコノミスト

シンガポール金融管理庁(MAS=中央銀行)は12月9日、民間エコノミスト20人に聞いた経済成長率予想を公表した。今年の予想は2%の縮小で、来年については5.5%の拡大(中央値)を予想している。個々のエコノミストの予想は1.2~7.5%。
MASは7~9月期の経済統計が発表された日に調査を行った。来年の成長率に関する政府予想は3~5%で、DBS銀行のエコノミストは「政府予想は控え目になる傾向が強い。しかし民間の立場から見れば、最近発表された指数は世界経済の回復を指し示している」とコメントした。
今年上期の経済が低迷したことから、数字的に来年上期は前年同期比で高めの成長が期待できる。エコノミストはまた、主要国の経済が安定して消費需要が持ち直し、シンガポールの輸出が活発になると予想している。国内要因では、カジノ総合リゾートが開業するため観光部門の成長が見込める。
しかしOCBC銀行のセレナ・リン氏は「多くの国が依然、景気浮揚のため財政出動を行っている」と景気回復の持続性に疑問を投げ掛けた。
物価上昇率について、来年は今年(推定0.3%)を上回る見通しだ。今年末の失業率についてエコノミストは3.4%を予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「来年の経済成長は5.5%」、民間エコノミスト