シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業のグローバル戦略――JCCI4月度会員講演会開催

日系社会

2010年4月15日

日系企業のグローバル戦略――JCCI4月度会員講演会開催

20100415_jcci1

シンガポール日本商工会議所(JCCI)の会員向け講演会が4月14日、日本人会館にて開催された。

前半では、早稲田大学大学院商学研究科准教授でサイコム・ブレインズ講師でもある池上重輔氏が「日系企業のグローバル戦略・経営・組織とリーダーシップ」をテーマに講演。欧米企業の戦略と日系企業の多くがこれまで取ってきた戦略との違いや、新興国企業を含めた各国企業の品質、コスト、価格の違いとそれによって発生するグローバル競争の現状、海外の現地での意思決定の必要性と可能にするための戦略、組織モデル、求められる人材要件などについて語った。

20100415_jcci2.jpg後半は、サイコム・ブレインズ(アジア)ジェネラル・マネージャーのサンディ齊藤氏が「これからの海外組織と人材育成」をテーマに講演。海外拠点での日本人派遣者とローカルスタッフの役割の変遷や、日本人とローカルスタッフ双方のそれぞれに対する不満、日本人マネージメントが直面している課題や市場の変化による課題などを紹介。それらの課題に対する取り組み方として、今後のグローバル人材育成のあり方や、トップマネジメント、あるいは部門長をローカル化した組織モデルを提示しながら、各モデルの優位性やそれぞれのモデルに対応できる人材育成の必要性などを語った。

講演会に参加したバレルオイル社の梅田哲司氏は「ローカル化、人材育成の方向性などには以前から関心があり、講演内容には頷ける部分も多かった」と語った。また、損保ジャパン・インシュアランス(シンガポール)の梅田英治氏はローカルの次期マネージャクラスの育成は切実な問題として、「今日の講演にあったようなモデルを一足飛びに実現できる訳ではないが、顧客の傾向や自分達がどの段階にあるのかを見極めながら取り組んでいきたい」と語った。

20100415_jcci2

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業のグローバル戦略――JCCI4月度会員講演会開催