シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPCOP15、マレーシアは先進国に更なる努力を要求

国際

2009年12月17日

COP15、マレーシアは先進国に更なる努力を要求

〈クアラルンプール〉
コペンハーゲンで開かれている国連気候変動枠組み条約の第15回締結国会議(COP15)で、マレーシアはいち途上国としての立場から、先進国が途上国に「気候債務」を負うべきと主張しているボリビアなどの提案に基本的に同調する構えだ。
ただマレーシア代表のテディー・リャン氏は、ボリビアのように単に「気候債務」の返済を先進国に求めるのではなく、過度な気候変動の影響を受ける他国と共同で温暖化対策を行うとコメント。50ヵ国以上の途上国の一員として、先進国が二酸化炭素(CO2)排出量削減に真摯に取り組むべきとの中国が提唱した見解を重視すると表明した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPCOP15、マレーシアは先進国に更なる努力を要求