シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人口2,700万人突破、10年で2.17%増加

社会

2010年12月27日

人口2,700万人突破、10年で2.17%増加

〈クアラルンプール〉
国勢調査(CENSUS)に基づく最新人口統計が発表され、マレーシアの人口が2,756万5,821人となったことが分かった。男性が1,411万4,667人、女性が1,345万2,154人。年齢別の内訳は▽0-14歳(27.7%)▽15-64歳(68.2%)▽65歳以上(4.6%)--。統計局による2010年度人口・住宅国勢調査の予備調査で明らかになった。国勢調査は7月6日-8月22日の間に実施された。2000 年の人口は2,219 万8,276人だった。
2000年から2010年の年間平均の人口増加率は2.17%で、1991 -2000年の2.6%からは減速した。生活基準が以前より高くなっておりキャリア志向が高まる中、晩婚化が進み、人口増加率も減速しているという。国勢調査によると、過去10年、全国で最も人口増加率が高かったのはプトラジャヤで17.77%。次いでセランゴール州の3.17%だった。行政の中心であるプトラジャヤには多くの公務員が居住している。
1980年から2010年の間で人口が減少したのは▽連邦直轄地のラブアン▽サバ▽サラワク▽パハン▽ジョホール▽ケダ▽ネグリ・センビラン▽トレンガヌ--。一方、マラッカ州では人口が増加した。
性別の割合は全国で、女性100 人に対して105人の男性がいる計算となる。女性100人に対する男性の数は▽ジョホール(112人)▽パハン(111人)▽ネグリ・センビラン(107人)▽サバ(106人)--など。プトラジャヤでは女性100人に対して男性の人口は88人だった。
マレーシアの出生率は2.3%となり、2000年の3%からは減少した。国勢調査の報告書は統計局のウェブサイトで見ることができ、冊子は15リンギ(約400円)で購入することが可能。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人口2,700万人突破、10年で2.17%増加