シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPキャロッセ、来年プロトン「サトリア・ネオ」を日本で発売

経済

2010年12月17日

キャロッセ、来年プロトン「サトリア・ネオ」を日本で発売

〈クアラルンプール〉
自動車パーツ販売を手掛けるキャロッセは12月15日、マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスの正規輸入代理店になったことを明らかにし、 2011年に3ドア・ハッチバック車「サトリア・ネオ」の輸入発売を開始すると発表した。販売予定価格は150~160万円。
これにともないプロトンのワークスブランドである「R3」の正規輸入代理店となり、キャロッセの「CUSCO」および「SAFETY21」ブランドをもって豊富なアフターパーツ展開を図っていく。
キャロッセは声明の中で、「サトリア・ネオ」のようなランニングコストに優れる競技ベース車両を導入することにより、縮小傾向にある国内モータースーツ業界全体の活性化を図り、より手軽により多くの人々がモータースポーツに参加できる環境づくりを目指すと強調。世界ラリー選手権(WRC)、アジア・パシフィックラリー選手権(APRC)をはじめとした国際格式イベントにも参戦できるよう、FIAグループA&Nのホモロゲーション(認証)を取得するとしている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPキャロッセ、来年プロトン「サトリア・ネオ」を日本で発売