シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPヤマト、マレーシアで来年9月に宅配事業を開始

経済

2010年12月20日

ヤマト、マレーシアで来年9月に宅配事業を開始

〈クアラルンプール〉
ヤマトホールディングスは12月16日、マレーシアで2011年9月下旬をめどに宅急便事業を開始することを明らかにした。
マレーシアにおける地域開発事業、宅配事業、コレクト事業を行なう。マレーシアでは「宅急便」に類似した高品質・高付加価値な物流サービスは提供されていないため、「時間帯お届けサービス」、「冷凍・冷蔵対応」および「代金決済サービス」などの日本式物流サービスを展開していく。また今年1月にひと足早く宅配事業をはじめたシンガポールとの間をネットワークで結ぶことも目指す。
事業を行なう子会社名はヤマト・トランスポート(M)(マレーシアヤマト運輸)で、2011年1月に1,700万リンギ(約4億5,600万円)、9月に5,100万リンギ(約13億6,800万円)をそれぞれ増資し、事業開始時の資本金は7,110万リンギ(約19億730万円)となる。ヤマト・アジアが60%、現地のキュリオ・パック社が40%出資する。また事業開始にあたって車両や施設などの費用として約3億円を投じる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPヤマト、マレーシアで来年9月に宅配事業を開始