シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP格安航空エアアジア、フィリピンにグループ企業設立へ

社会

2010年12月9日

格安航空エアアジア、フィリピンにグループ企業設立へ

〈クアラルンプール〉
格安航空大手のエアアジアは、2011年第1四半期にもフィリピンにグループ会社を設立する計画だ。同国投資委員会幹部が明らかにした。エアアジアはタイとインドネシアにグループ会社を保有、ベトナムやフィリピン、インド、中国での事業拡大に注力する方針だとされる。
ブルームバーグによると、フィリピンでエアアジア・グループ企業を設立するのはアキノ大統領の一族で元フィリピン長距離電話会社(PLDT)の会長を務めたアントニオ・コファンコ氏。2011年中にも国内及び国際線を就航する。需要拡大が期待される同国での航空事業におけるエアアジアの勢力拡大を図る。フィリピン政府は、経済成長を促すために向こう6年で観光客数を2倍することを目標に掲げている。
11月23日にはシンガポール航空の格安子会社でエアアジアのライバルであるタイガーエアウェイズが、航空機2機をサウス・イースト・アジア航空(シーエアー航空)にリースすると発表した。路線はシンガポール―クラーク(マニラ北部)で、予約はタイガーエアウェイズのウエブサイトを通して行なうという。

提供:日刊アジアインフォ

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP格安航空エアアジア、フィリピンにグループ企業設立へ