シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホール州のギャンブル中毒者更生カウンセリングが盛況

社会

2010年12月13日

ジョホール州のギャンブル中毒者更生カウンセリングが盛況

〈ジョホールバル〉
今年初めにシンガポールにオープンしたカジノにジョホール州の住民が入り浸っており、新たな社会問題となっている。これを受けて10月に同州クライに民間のギャンブル中毒者更生を目的としたカウンセリング・センターがオープンし、これまでに100人以上に対してカウンセリングを実施した。
創設者のタン・ユーチン氏によると、同センターは4人のカウンセラーと100人のボランティアによって運営されており、カウンセリング料金は無料。カウンセリングを受けた人たちは皆、ギャンブル中毒から脱することに成功したという。
カウンセリングを受けに来た人々は30~60歳で、半数は女性だった。あるケースでは、40歳代の妻がギャンブルにのめり込んで100万リンギ(約2,700万円)もつぎ込んだという相談を夫から受けたという。この女性は子供が学校に行っている間、毎日カジノに通っていた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホール州のギャンブル中毒者更生カウンセリングが盛況