シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP富士電機、ディスク媒体事業の主要機能をマレーシアに集約

日系企業

2010年12月2日

富士電機、ディスク媒体事業の主要機能をマレーシアに集約

〈クアラルンプール〉
富士電機ホールディングスは11月30日、ディスク媒体事業の営業、開発、生産機能をマレーシア富士電機に移管・集約すると発表した。
ディスク媒体事業は100%子会社の富士電機デバイステクノロジーが手掛けているが、昨年度に続いて今年度も赤字が予想されるため、抜本的な構造改革を行う。構造改革は今期から着手し、2011年度中に終了する予定。マレーシア富士電機社の生産能力をフルに活用し、利益体質を早期に確立するとともに、マレーシアの地の利を生かした海外の技術者の採用により、技術開発力を強化する。
山梨事業所については、クリーンルームの利用を視野に入れ、急激な市場拡大が予想される次世代パワー半導体などの開発・生産拠点としての活用を模索する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP富士電機、ディスク媒体事業の主要機能をマレーシアに集約