シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、マレーシア初の電気自動車の試作車を公開

経済

2010年12月3日

プロトン、マレーシア初の電気自動車の試作車を公開

〈クアラルンプール〉
国民車メーカーのプロトン・ホールディングスは12月1日、マレーシア初の電気自動車の試作モデル「Eサガ」を公開した。
プロトンの開発責任者によると、「Eサガ」はエコノミーセダンの「サガ」をベースにしたもので、マレーシア工科大学(UTM)と11ヵ月かけて共同開発した。15キロワットのバッテリーを搭載し、1回の充電で最大160キロメートルの走行が可能だという。フル充電に要する時間は7~8時間で、都心部や短距離の運行に向いているという。
試作車の細部にわたる検査はすでに終了し良好な感触を得た。今後、実用テストを経る必要があるが、最終的に大量生産にこぎ着けたい考えだ。
プロトンはハイブリッド・カーの開発も行っており、2012年の発売を目差している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロトン、マレーシア初の電気自動車の試作車を公開