シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「ウィキリークス」でマレーシアに関する情報も漏洩

経済

2010年12月6日

「ウィキリークス」でマレーシアに関する情報も漏洩

〈クアラルンプール〉
米国の外交機密情報の暴露で物議を醸している内部告発サイト「ウィキリークス」が、マレーシアに関する情報についても公開しており、マレーシア政府も対応に追われている。
マレーシアの会社2社がイランが中国からミサイル技術を購入するためのネットワークに関わっていたとの情報については、ヒシャムディン・フセイン内務相は同情報を内務省も把握しているとした上で、国家安全に関わることであり情報を慎重に取り扱う必要があるとして現時点ではコメントできないとしている。
また「ウィキリークス」では、米国政府が政治犯の自由に関する国連宣言の共同提案国になるよう求めたがマレーシア政府が無視したことなどが明らかにされている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「ウィキリークス」でマレーシアに関する情報も漏洩