シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP馬・タイ中央銀行総裁が会談、金融システムについて協議

政治

2009年6月2日

馬・タイ中央銀行総裁が会談、金融システムについて協議

中央銀行バンク・ネガラのゼティ・アクタル総裁とタイ中央銀行(BOT)のタリサ・ワタナガセ総裁が5月30日、バンコクにおいて2国間の経済・貿易の関係強化に向けた金融システム構築について協議を行った。
会談では▽両国での経済、財政政策の進捗状況▽世界経済危機の両国における影響とそれに対する対策・効果――が話し合われた。両国とも金融基盤は強固であり、経済に対する金融対策は適正に行われていると報告した。
両総裁は、両国経済の発展のためには、両国経済・貿易に対する協力体制をさらに高めるべきだと確認。そのため、金融システムの協力体制も高める必要があり、新しい二国間協力体制構築の必要があるという点で合意した。さらに、安定して十分に機能している金融機関の構築のためには、▽詳細な損益計算書と十分な緩衝資本▽十分なリスクマネジメント▽良好な経営――などが必要不可欠であると指摘。2国はこれらの要素の必要性を十分に認知しており、現在の強固な金融基盤を構築してきたと評価した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP馬・タイ中央銀行総裁が会談、金融システムについて協議