シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長予想、MIERが4.9%に上方修正 来年は5.4%と予...

経済

2012年10月22日

GDP成長予想、MIERが4.9%に上方修正 来年は5.4%と予想

〈ペタリンジャヤ〉
独立シンクタンク、マレーシア経済研究所(MIER)は、国内総生産(GDP)成長率について来年は今年以上の成長となると見込んでおり、7月に4.7%としていた事前予想を5.4%に上方修正した。マレーシア経済は回復力のある内需と国内のインフレ率が穏やかであることから大幅な成長が期待できるという。

2012年のマレーシアのGDP成長率については4.2%から4.9%に上方修正した。

MIERが発表した第3四半期リポートの中で、マレーシア経済や内需が世界的な景況感がマイナス傾向であるにも関わらず、回復力があると指摘した。マレーシア政府はGDP成長率を今年は最大5%、来年は4.5~5.5%と予想している。

MIERの消費動向指数(CSI)は第3四半期末には118.3ポイントとなり前期比3.4ポイント上昇した。一方でビジネス状況指数(BCI)は前期比15.5ポイントのマイナスの96ポイントとなった。

シティ・グループのシニア・エコノミスト、キット・ウェイゼン氏はマレーシアのGDP成長について、第2四半期にピークを迎えたが、電気・電子(E&E)製品製造セクターなどは2013年上期に回復すると予想。国内消費は穏やかであるが、首都圏クランバレー大量高速輸送システム(MRT)や石油・ガスプロジェクト、日本からの投資が予想されることやジョホール南部の「イスカンダル・マレーシア」開発など、投資面では好調が見込まれるとした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長予想、MIERが4.9%に上方修正 来年は5.4%と予...