シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、船上から海図・エンタメを購入、来年中には可能に

社会

2008年6月20日

シンガポール、船上から海図・エンタメを購入、来年中には可能に

シンガポール沖合の海上にいる船舶は、海図などの航海情報や娯楽商品を電子的に購入することが可能になる。
港湾における情報技術(IT)利用計画「ワイズポート」の一環として推進されているプロジェクトの1つで、2009年中に開発作業が完了する見通しだ。
ほかに実施されているのは、◇燃料監視システム◇動画配信プラットフォーム◇資産・人員追跡システム◇ブイ搭載機器を利用した水流データ収集システム――の4件。
プロジェクトには、パナソニック・シンガポール・ラボラトリーズ、アセンズ、DHIウオーター・アンド・エンバイロメントなどが参加している。
高速無線技術ワイマックス(WiMAX)を使ったサービスで、シンガポールの最南端の海岸から15キロ以内で利用できる。
医療サービス分野でもIT利用のプロジェクトが実施されている。参加しているのは、国立大学病院、シンガポール総合病院、精神衛生研究所などがそれぞれ中核の7連合体。
救急患者の心電図を無線で救急治療室に送るシステム、手術中の患者の生命データを収集・表示する機器、行動・情緒障害の子どもの治療を支援するポータルサイトなどのプロジェクトが進行中だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、船上から海図・エンタメを購入、来年中には可能に