シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP破産管財人管理下の不動産が増加=競売業者予想

経済

2009年4月15日

破産管財人管理下の不動産が増加=競売業者予想

〈ペタリンジャヤ〉
競売業者は今年、世界的な金融危機の影響を受けて財政難に陥る不動産オーナーが増えると見られていることから、破産管財人の管理下に置かれた不動産が増加すると見込んでいる。ここ数ヵ月、競売にかけられる不動産の数は通常の10~20%増となっているという。
プロパティ・オークション・ハウスのダニー・ローゼネラルマネージャーは、中・低価格住宅が最も金融危機の影響を受けているとコメント。中価格帯(5万~15 万リンギ)のアパートメントの競売件数は15%、高級コンドミニアムの競売件数は10%、事務所の競売件数は20%の増加を見せていると述べた。土地付き不動産は5%の微増となっているという。
ロー氏によると、銀行の貸し渋りや高額商品の買い控えの動きを受けて、入札者の数も減少傾向にある。
別の競売業者が英字紙「ザ・スター」に明らかにしたところによると、この業者が扱う競売の件数は経済危機前の月5件から、現在は5~10件に増えているという。競売にかけられる不動産は市場価値と比べて20%程度安い値が付けられる傾向にある。
J.ティラガムラジ・オークショナーズによると、ペタリンジャヤ、ラワン、シャアラム地域の不動産が競売にかけられることが増えているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP破産管財人管理下の不動産が増加=競売業者予想