シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロドゥアの新工場、来年半ばに運転開始

建設

2013年3月28日

プロドゥアの新工場、来年半ばに運転開始

〈クアラルンプール〉
ダイハツ系の国産車メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)が7億9,000万リンギ(約240億円)を投じて建設している新工場「プロドゥア・グローバル・マニファクチュアリング」は、来年半ばに運転を開始する。

アミナル・ラシド・サレー社長が発表した声明によると、床下面積6万5,000平方メートルの新工場の生産台数は年間10万台。工場には最先端のオートメーションやロボット、設備が導入され、工場では人材育成も行われる。近く約1,200人の雇用を開始する予定だ。

プロドゥアはグローバル企業を目指しており、全ての事業のアップグレードのため向こう5年で23億リンギ(約700億円)を投資する計画だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPプロドゥアの新工場、来年半ばに運転開始