シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP豪GMホールデン、マレーシアでリバッジ車販売を検討

国際

2013年3月21日

豪GMホールデン、マレーシアでリバッジ車販売を検討

〈クアラルンプール〉
豪州第2位の自動車メーカー、GMホールデン(GMHL)はホールデンのコンセプトカーをシボレー・ブランドとしてリバッジし、マレーシア市場向けに売り出すことを検討している。

GMHLはホールデン・ブランドの小型車、大型車を豪州市場向けに製造している。中東市場でも5,000台程度を販売している。

マレーシアではホールデン車への需要はあるが需要の規模が小さいため輸出を開始するほどではないのが現状だという。GMHLはシボレーのグローバル・ブランドとしてのプロモーションに注力している。

ホールデン「コモドア」の新バージョンを豪州で発売する予定で、マレーシア人にも人気があればシボレー・ブランドにリバッジして販売するという。

GMHLは現在、豪州の自動車市場シェア45%を獲得している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP豪GMホールデン、マレーシアでリバッジ車販売を検討