シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資本市場規模、昨年は2.5兆リンギ規模に拡大 16.4%の大幅増...

経済

2013年3月18日

資本市場規模、昨年は2.5兆リンギ規模に拡大 16.4%の大幅増に

〈クアラルンプール〉
証券委員会(SC)のランジット・アジット・シン委員長は3月14日、2012年末時点のマレーシア資本市場規模が2.5兆リンギ(約75兆円)に達したことを明らかにした。前年の2.1兆リンギ(約63兆円)から16.4%の大幅増となった。

株式市場、債券市場、運用資産、イスラム資本市場がいずれも2ケタの増加となった。

新規株式公開(IPO)の調達資金は計221億リンギ(約6,640億円)。農園のフェルダ・グローバル・ベンチャーズ、病院経営のIHHヘルスケアなどの大型上場が後押しした。株式市場の昨年末におけるブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)総合指数(FMB KLCI)は1,688.95をマークし、時価総額は14.1%増の1.5兆リンギ(約45兆円)となった。運用資産は19.2%増の5,051億リンギ(約15兆円)となり、ユニット型投資信託の純資産額は2,949億リンギ(約8兆8,600億円)となった。

イスラム資本市場の規模は22.6%増の1.4兆リンギ(約42兆円)となった。世界全体のスクーク(イスラム債)発行額の76.9%をマレーシアが占めた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資本市場規模、昨年は2.5兆リンギ規模に拡大 16.4%の大幅増...