シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、ビントゥルのEPCC契約を日揮に発注へ

経済

2013年3月15日

ペトロナス、ビントゥルのEPCC契約を日揮に発注へ

〈ペタリンジャヤ〉
国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)が近く、20億米ドル(62億リンギ、約1,920億円)規模の設計・調達・工事および試運転(EPCC)契約を日揮に発注する模様だ。英字紙「ザ・スター」が伝えた。

サラワク州ビントゥルの液化天然ガス(LNG)トレイン9プロジェクトにおける事業で、日揮はこれまでにも同施設のEPCCを受注している。

昨年2月、ペトロナスは日揮などの企業連合および千代田、イタリアのサイペムなどが関わる合弁にLNG設備の基本設計(FEED)契約を発注。基本設計を技術面などから競わせ、優れた方の企業連合に契約を発注する方針を明らかにしていた。

トレイン9プロジェクトの年間生産能力は360万トンと見込まれている。2015年第4四半期の稼動開始が見込まれている。既存のビントゥルにおける年産能力は2,400万トン。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペトロナス、ビントゥルのEPCC契約を日揮に発注へ