シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゲンティン、ラスベガスでカジノ建設を計画

経済

2013年3月7日

ゲンティン、ラスベガスでカジノ建設を計画

〈クアラルンプール〉
ゲンティン・グループは米国ネバダ州ラス・ベガスにカジノ・リゾートを建設する計画を立てている。

同社はラス・ベガスの35.2ヘクタールの土地を米国のカジノ企業、ボイド・ゲーミング・コーポレーションから購入した。価格は3億5,000万米ドル(10億9,000万リンギ、約326億円)。土地はフリーホールド(自由保有権)となっている。

ゲンティンが計画しているリゾートの名称は「リゾーツ・ワールド・ラス・ベガス」で客室数3,500室のホテルと、17万5,000平方フィートの娯楽スペースを建設する。また、会議場や高級レストラン、小売施設も整備する予定だ。第1期工期分は2015年にオープンを予定している。総工費は20億リンギとなる見込みだ。

ゲンティンは、世界的に有名なネバダ州ラス・ベガスでの事業に意欲を持っていると声明で表明した。今後、開発に関する詳細を発表する予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゲンティン、ラスベガスでカジノ建設を計画