シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英レディング大学、ヌサジャヤに分校設立へ

社会

2013年3月4日

英レディング大学、ヌサジャヤに分校設立へ

〈ジョホールバル/ヌサジャヤ〉
ジョホール州南部の開発計画「イスカンダル・マレーシア」において2月27日、英レディング大学のキャンパス開設に向けた起工式が行われた。投資額は9億8,000万リンギ(約292億円)。

建設が行われるのは「イスカンダル・マレーシア」で開発が進められている「エデュ・シティ」内で、名称は「ユニバーシティ・オブ・レディング・マレーシア」。2015年9月の開設を予定しており、初年度は400人の入学を見込んでいる。レディング大学にとり初の海外キャンパスとなる。

開発を手がけるイスカンダル・インベストメント(IIB)のモハメド・サイド・イブラヒム最高経営責任者(CEO)は、向こう1~2年間で事業を合理化し、「エデュ・シティ」開発に注力する方針を明らかにした。

同CEOは、空きスペースを埋めるためにむやみやたらに海外の大学を誘致するのではなく、教育水準の高い大学のキャンパス開設を誘致し、域内の教育ハブとすることを目指すと述べた。

IIBには日本や中国の大学からもキャンパス開設に強い関心が寄せられているという。

「エデュ・シティ」のほか、「エデュ・パーク」の開発も計画されている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP英レディング大学、ヌサジャヤに分校設立へ